公開日: |更新日:

塾システムにおける生徒情報管理機能とは

塾システムの生徒管理機能とは

学習塾の運営において、生徒の個人情報管理は避けて通れない課題です。性別・年齢・学年・学校などの基本情報から、各科目の成績・出欠状況・指導記録に至るまで、膨大な情報の収集・管理が求められます。個人や小規模な教室では紙ベースやExcelでの管理も可能ですが、規模が大きくなると様々な事務処理が増え、これらを一手に管理することが困難になるでしょう。

塾システムの「生徒管理機能」はこれらの情報を効率的に管理し、学習塾の運営をサポートするためのツールです。生徒の年齢出席状況や成績、保護者への連絡、月謝管理、さらには講師の給与やシフト管理まで、塾運営に必要な業務を効率的に行うこが可能。塾講師の負担を軽減し、労働環境の改善が叶えられます。

また、生徒一人ひとりの学習状況や必要な情報を手軽に把握でき、個別の指導やサポートが容易になります。さらに、生徒自身も自分の学習進捗や出席状況をリアルタイムでチェックできるため、学習意欲の向上にも寄与してくれるでしょう。

生徒情報管理機能で出来ること

出欠管理

通常の出欠管理の場合、授業が始まる前に出席予定の生徒一覧を確認してから出席確認を行い、欠席の生徒に対しては振替授業の手配を行う必要が生じます。生徒側・塾側のスケジュールを照らし合わせながらのこの作業、一人に対して割く時間は少なくとも、欠席する生徒が多い場合は相応の時間を割かれてしまいます。

塾システムの生徒情報管理機能を使えば、パソコン上から1クリックで出欠状況を確認でき、入退館システムと連動して自動的に出欠席の記録を残すことも可能。また振替授業の調整もできるシステムもあり、煩雑な業務の一部自動化が期待できます。

保護者への報告

生徒の成績や学習の進捗状況、その他塾からのお知らせなど保護者に伝える情報はたくさんあります。多くの塾では成績や進捗状況を印刷したプリントを生徒に渡す、定期的に三者面談を行うといった方法を取っており、情報の整理や資料の印刷が必要になります。

その点塾システムの生徒管理機能なら、個々人の情報を一元的に管理可能。保護者への情報の伝え方としては、メールやLINEで保護者に一斉に送る、WEB上から生徒の成績情報などが記載された個別ページにアクセスできるようにするなど、システムによって変わります。

月謝の徴収

生徒の支払い状況も、生徒情報に含めて管理する場合があります。月謝袋での徴収を行っているところでは、授業が始まる前や授業後、複数人が一気に月謝袋を渡しに来るため、講師側は誰からもらったのかをチェックする作業が発生します。月謝の管理機能も備えた塾システムであれば、この月謝袋受け渡しにかかる生徒の待ち時間も、講師の作業時間も削減可能。

生徒情報管理の中には月謝の徴収機能を備えたものもあるので、口座振替やクレジットカード決済によって自動的に月謝を徴収してくれます。

成績管理

模擬試験や小テストごとに作成している生徒の成績をもとに、生徒それぞれの情報をエクセルなどに一つひとつ試験結果を打ち込んでいる塾も多いのではないでしょうか。生徒情報管理システムでは試験ごとの結果をシステムにアップロードするだけで、生徒情報に自動的に紐づけを行ってくれます。

生徒情報管理システム(生徒管理システム)を
導入するメリット

生徒情報管理機能を備えた塾システムを導入するメリットを5つ紹介します。

1.生徒情報を一元管理できる

生徒情報管理システムの大きな利点の一つは、生徒の情報を一元管理できる点です。生徒の個人情報、成績、出席状況、受講コース、支払い履歴など、学習塾が抱える膨大なデータを一つのシステムで管理できます。

これにより、複数のシステムやファイルを行き来する手間を省くことができ、情報の検索や更新が容易に。必要なときに必要な情報を迅速に検索でき、生徒や保護者からの問い合わせにもスピーディーに対応できるようになります。

情報の更新も一括で行えるため、情報の整合性を保ちやすく、管理の手間を大幅に削減できるでしょう。

2.業務の効率化が図れる

生徒管理システムを利用することで、生徒の出欠管理、成績記録、授業計画など、多岐にわたる業務を自動化できます。時間や労力の削減につながるほか、手作業での記入ミスも減らすことが可能です。

また、システムを通じて保護者への連絡も容易になり、効率的な情報共有が可能になります。

3.コミュニケーションの向上が図れる

生徒や保護者とのコミュニケーションは、学習塾の質を左右する重要な要素です。

生徒管理システムでは、チャット機能や掲示板機能を通じて、生徒や保護者との直接的なやり取りが可能になります。

保護者に生徒の出席状況を通知したり、学習進捗を共有したりといった連絡が可能になり、保護者との信頼関係を深められるでしょう。

また、システム内のコミュニケーションツールを通じて、生徒の意見や悩み、保護者からの相談やクレーム等を収集することで、塾の運営や教育内容の改善に活かせます。

4.学習状況や成績を見える化できる

生徒管理システムの導入により、生徒の学習進捗や成績などのデータを一元管理し、グラフや表といった視覚的に理解しやすい形で表示することが可能になります。これにより、生徒個々の学習状況を正確に把握し、必要に応じて個別の指導プランを立てることが容易になります。

また、塾全体の成績傾向を分析し、教育カリキュラムの改善点を見出すこともできるようになります。生徒自身も自らの学習進捗を確認できるため、モチベーションの向上にも寄与してくれるでしょう。

5.事務作業の負担を軽減できる

月謝管理、講師の労務管理、給与計算などの事務作業もシステムを通じて自動化できます。これにより、事務作業に時間を取られずに済み、生徒への指導やカリキュラムの開発など、より本質的な業務に集中できます。また、自動化によりミスの発生率も低下し、塾運営の品質を向上するでしょう。

生徒情報をExcelや紙台帳で管理することは可能?

生徒数が30人以下の小規模な塾では、生徒情報をExcelやスプレッドシート、紙台帳で管理するのが一般的です。Excelやスプレッドシートなら初期コストも低く、直感的に扱えるため、簡単に作業できるのがメリット。規模が小さい塾であれば、管理にかかる手間も大きな負担にはならないでしょう。

しかし、生徒数が増えると、手動での管理は次第に難しくなります。30人を超えると、個々の成績管理や月謝の徴収状況を把握するのが複雑になるため、手作業の負担が増大します。このような状況では、Excelや紙台帳を使った管理方法には限界があるかもしれません。

具体的に、生徒情報をExcelや紙台帳で管理することの問題点を見ていきましょう。

登録・更新作業に手間がかかる

生徒数が増えてくると、新しい生徒の登録や既存生徒の情報更新が大きな負担になります。

学習塾では生徒の個人情報、成績データ、月謝の徴収情報など、多岐にわたるデータを扱う必要があります。Excelや紙台帳で管理している場合、これらの情報を一つひとつ手動で入力・更新する必要があり、時間がかかるだけでなく、ミスが発生するリスクも伴います。

万が一ミスが起きてしまった場合は、生徒や保護者の信頼を損なう原因にもなりかねません。

時間割の管理が難しい

エクセルでの授業時間配分の設定は、たとえ慣れている講師であっても相当な手間と労力を要します。空き時間をなくし、効率的な授業運営を実現するためには、多くの時間と精度が求められるでしょう。

個別指導を行う教室では、生徒一人ひとりの受講時間が異なるため、スケジュール作成はさらに複雑になります。受講日の変更や休暇が生じた場合には、その都度スケジュールの確認と調整が必要に…。調整ミスも発生しやすくなります。

講師間でのスムーズな情報共有ができない

エクセルや紙台帳での情報管理を行っている場合、生徒情報の変更や追加事項の伝達は、口頭での伝言や掲示板に頼ることが多くなります。しかし、これには伝達ミスのリスクや、特定の場所でしか情報を確認できないといった課題があり、情報共有がスムーズに行えません。

また、アナログな管理は検索性が悪く、生徒情報を探すのにも手間がかかります。急な代講など、普段見ていない生徒に指導を行うことになった場合に不便を感じやすいでしょう。

セキュリティに不安がある

塾や教室で管理する生徒情報には、住所や家庭状況などの個人情報、月謝支払いのための口座情報など、非常に重要なデータが含まれています。エクセルや紙台帳では、これらの情報が誰でも容易に閲覧できる形で保管されているため、セキュリティ面での不安があります。

情報の流出や紛失が発生すると、生徒や保護者からの信頼を失いかねません。

これらの問題を踏まえると、塾や教室の規模が大きくなるにつれて、Excelや紙台帳といったアナログな管理ではなく、専用の管理システムを導入したほうが良い…と言えるでしょう。

生徒管理機能のある塾システムの選び方

数ある塾システムの中から自分の塾にぴったり合うものを見つけるのは簡単なことではありません。ここでは生徒管理機能を備えた塾システムを選ぶポイントを4つ紹介します。

1.情報を一元管理できるか

最初に重視すべき点は、生徒の情報や授業の情報などを一元管理できるかどうかです。情報が一元化されると、入力や更新作業が格段に楽になり、塾内での情報の閲覧や共有もスムーズに行えます。

情報の整合性や正確性が高まるうえ、業務の効率化も図れるでしょう。

2.講師・生徒・保護者全員にとって使いやすいか

システムの使いやすさや操作性の高さも、選択の際に考慮すべき重要なポイントです。多機能なシステムを導入しても、実際に使用する講師や生徒・保護者に使ってもらえなければ意味がありません。

使いやすく操作性の高いシステムを選ぶことで、全員がストレスなく利用でき、教育の質やサービスレベルの向上につながります。

使いやすさを確認するために、まずは無料トライアルの有無もチェックすると良いでしょう。実際に使ってみて合わないと感じたら、他のシステムを検討でき、無駄な出費を避けることができます。

3.セキュリティ対策は万全か

塾で扱う生徒の成績や個人情報などは機密性が高いため、セキュリティは非常に重要です。不正アクセスやデータ漏えいのリスクを防ぐため、セキュリティ面での対策がしっかりと取られているシステムを選ぶ必要があります。

パスワード管理、データの暗号化、バックアップやクラウドサービスを利用したデータ保護・復旧の仕組みなど、安全に生徒のデータを管理できるシステムを選びましょう。

4.サポート体制は整っているか

サポート体制の有無もシステム選択の重要なポイントです。サポート体制が充実していると、トラブル発生時に迅速に対応してもらえるだけでなく、システムの有効な活用方法についてもアドバイスを受けることが可能です。

これらのポイントを踏まえて、自分の塾に最適なシステムを選ぶことができれば、塾の運営がスムーズになり、生徒や保護者の満足度も高まるでしょう。

まとめ

たくさんの生徒が在籍している塾こそ、生徒管理が大変に。これまでは一つひとつ手作業でやっていた業務をシステム化することで、仕事効率の向上や保護者への対応も手間を省き本来注力すべき業務に、時間も思考も使えるように。各生徒への適切な学習指導やスムーズな塾運営の為にも、生徒情報管理機能のある塾システムをぜひチェックしてみてください。

おすすめの塾システムを紹介
口コミ・評判をチェック!

初期導入費用が無料で、無料トライアルがある すぐにでも使いたい塾システム3社を紹介
初期導入費用無料!
おすすめの
塾システム3社を紹介