公開日: |更新日:

塾システムにおけるスマートフォンアプリ対応機能とは

スマホアプリで出来ること

月間出欠管理

生徒が教室へ入退室する際、アプリと連携しているカードリーダーで打刻すると自動的にアプリに通知。保護者側のアプリでは通知のバッジが表示され、保護者はリアルタイムで子どもの入退室記録を確認できます。

メールで通知するシステムもありましたが、アプリの場合メールアドレスの登録をする必要がありません。アプリをインストールして利用登録するだけで通知を受け取ることが可能です。

成績結果速報

生徒の模擬試験や小テストの成績結果をスマートフォンアプリにて確認することが出来る機能も。成績をはじめ塾からのお知らせなどはこれまで印刷物での報告が一般的でしたが、紙での配布だと生徒から保護者へ渡されないという事が多くありました。

アプリ内で成績を知らせることにより、保護者と生徒それぞれで学習進歩や理解度を共有できます。

また成績を公開する日時の設定ができるものもあり、どのテスト成績を追加するのか自由に設定可能。テストの度に結果を印刷したり、生徒個別に通知する必要なく、予め決めた日程で自動的に結果が通知されるので、講師側の業務負担を軽減できるメリットもあります。

円滑なコミュニケーション

塾と保護者、または塾と生徒など1対1でメッセージのやり取りが可能になる機能も。生徒は直接言いづらいことや学習するうえでの悩みなどを気軽に相談できるようになります。

保護者においても、塾からのおしらせを受け取ったり塾への質問を手軽に行ったりできるため、コミュニケーションの機会が増えます。密なやりとりはクレームの種になりがちな「不安」の芽を摘むことにもつながり、塾と保護者間の関係構築のためにも役立つでしょう。

請求明細、月謝管理

月謝などの請求書情報が公開されたタイミングでアプリに通知されます。月謝の支払い忘れや支払い履歴などの確認も可能です。塾側もどの生徒から月謝が支払われたかの確認が、より手早く簡単にできるでしょう。

一斉お知らせ機能

塾からのお知らせや緊急連絡を一斉にアプリへ通知できます。災害時の連絡や、休校情報、模試やイベントのお知らせ等、リアルタイムに保護者へ伝えることが可能です。

メールの場合、セキュリティが向上した機種やドメイン指定を行っている保護者に対しては一斉メールが届かないといった問題もありますが、アプリであればより確実な通知ができます。

導入するメリット

様々な情報を一元的に管理できる

入退室管理はメールアドレスに、お知らせや緊急情報はLINEに、成績は紙でなどと多くのデバイスで情報を管理している塾もありますが、スマートフォンアプリであれば入退室管理や成績、お知らせなどアプリ一つで全てをカバーできます。

一人一台スマートフォンを持つことも珍しくない今、情報管理意識も厳しくなっていますが、情報を一元的に管理することで情報漏洩や誤送信などの事故も防げるようになります。

まとめ

これまで多くの塾では、お知らせだけでなく成績や学習進歩状況も紙媒体を使用するのが一般的でしたが、紙媒体だと生徒が保護者に渡さない・失くしてしまうといった問題が多く発生していました。

スマートフォンアプリで塾と保護者が連携することにより、成績やお知らせを、一番届けるべき保護者に直接届けることが可能に。メールアドレスやLINEIDなど個人情報を登録することに抵抗のある保護者でも、アプリなら利用登録するだけなどで抵抗なく利用できるでしょう。

情報の一元的な管理や、不要な作業を省いてのスムーズな塾運営、保護者との連携強化を目指しているのであれば、スマートフォンアプリ対応機能を持つ塾システムを検討してみてはいかがでしょうか。

初期導入費用が無料で、無料トライアルがある すぐにでも使いたい塾システム3社を紹介