公開日: |更新日:

塾システムにおける成績管理とは

塾システムの成績管理機能では、定期テストや外部模試などの成績の推移をグラフ化することが可能です。また、教科ごとの点数や平均点、偏差値なども管理できます。

システムによってはテストの点数や内申点などの入力を保護者や生徒に依頼することもでき、面倒な入力作業の省力化を実現。成績の推移を保護者も閲覧できるため、塾による指導成果のアピールにも使えます。

成績管理機能でできること

定期テスト・模試・塾内小テストなどの成績推移を確認できる

定期テストや外部模試、塾内小テストなどの成績を都度入力しておくことで、見たいときにいつでも、容易に成績の推移を確認することができます。保護者から電話に誰が対応しても、成績管理機能を開くことで瞬時に適切な返答をすることができるでしょう。

本人がつまづいている箇所を把握し強化できる

各種テストの得点状況を蓄積していくことで、生徒本人がつまづいている単元や箇所、理解が浅い部分などを把握することができます。把握した弱点を重点的に指導することで、効率的な成績アップが期待できるでしょう。

成績の進捗状況を基にカリキュラムを微調整・修正できる

得意分野や苦手分野が明らかになることから、以後のカリキュラムの微調整・修正が的確にできるようになります。特に個別指導塾においては、カリキュラムの随時調整こそ生徒の成績の鍵を握っている、と言っても過言ではありません。

三者面談の資料に活用できる

大半の塾では保護者・生徒・担任が同席する三者面談を実施していると思われますが、この際の資料として、塾システムの成績管理機能を効果的に活用できます。面談後に持ち帰ってもらえるよう、あらかじめプリントアウトしておいても良いでしょう。

導入するメリット

講師の主観を排除した成績管理ができる

成績に関する情報を多く蓄積すればするほど、生徒の理解度を客観的なデータで把握することが可能となります。特に個別指導においては、担当講師の主観や願望を極力排除し、適切な指導計画を立てていく有効な材料になることでしょう。

各種の事務作業が効率化する

生徒の成績状況について、現在でもなお紙ベース管理やExcel入力をメインにしている塾が少なくありません。塾システムの成績管理機能を導入することにより、これら事務作業の大幅な効率化が期待できます。作業効率化で余力が生まれれば、「指導」という本来の業務に割く時間も増えるでしょう。

まとめ

塾システムに搭載されている各種機能の中では、入退出管理と同じくメイン機能の一つとなっている成績管理機能。実際に試用してみれば、いかに指導や作業が効率化・適切化するかを十分に実感することができるでしょう。
塾システムの導入を検討する際には、各社のシステムが搭載している成績管理機能の使い勝手・機能性などを、しっかりと比較するようにしましょう。

成績管理機能の導入がおすすめの塾とは?

成績管理機能の導入によってメリットを得やすい塾の特徴を紹介します。

生徒数が多くて1人ひとりの成績管理が難しい

生徒数が30名を超えている規模の場合、生徒1人ひとりの成績を把握するのが大変になってきます。さらに生徒数が100名を超えると、アナログでの成績管理では集計や検索に時間がかかってしまうため、成績管理機能を導入したほうが効率的です。

100名にまでいかなくとも、アナログでの記録・管理に限界を感じているのであれば、成績管理のシステム化を検討すると良いでしょう。

講師個人の管理に頼っている

講師個人の管理に頼っている場合、ほかの講師との情報共有が図れないことで、指導法にバラつきがでている可能性があります。指導にバラつきがあると生徒が混乱してしまい、成果が上がりにくい状況になりかねません。

成績管理機能なら塾内での情報共有を行なえ、さらに講師の指導記録と成績の推移を照らし合わせることも可能。生徒にとっての効果的な指導法の把握に役立ち、一貫した指導によって成果につながりやすい環境をつくりだすことができます。

成績管理ができる塾システム

本サイトに掲載している塾システムの内、成績管理に役立つシステムを紹介します。

運営会社 株式会社エムプランニング情報システム
所在地 東京都港区西新橋1-9-1 ブロドリー西新橋4F
運営会社 株式会社POPER
所在地 東京都中央区日本橋茅場町1-13-21 日本橋茅場町阪神ビル4F
運営会社 株式会社プラヴィダ
所在地 愛知県名古屋市中区栄5-28-12 名古屋若宮ビル3A
運営会社 イー・ウェイブ・ソリューションズ株式会社
所在地 愛知県名古屋市西区則武新町3-4-1
運営会社 TECHNOPIAN株式会社
所在地 東京都港区芝大門1-2-9 ポートビル3F
運営会社 クリエイトシステム合同会社
所在地 群馬県高崎市八島町58-1 ウエストワンビル10F 1007号
運営会社 株式会社e-sia
所在地 福岡県福岡市中央区薬院1-6-9 Vビル8F
運営会社 株式会社東日本システム
所在地 新潟県新潟市中央区米山3-1-31-1215
運営会社 ICT教育研究所 (株式会社ASTO System内)
所在地 東京都千代田区鍛冶町1-4-7 彦田ビル2F
運営会社 株式会社セント・ロード
所在地 愛知県刈谷市御幸町3-45-2

塾の成績管理はExcel(エクセル)じゃダメ?

塾を経営するにあたって、エクセルを用いて成績管理を行っている方も珍しくありません。

エクセルの関数を使用すれば、半自動で計算やグラフ化を行ってくれる成績ツールを構築することも。今回は、エクセルを活用した成績管理のテクニックについて紹介します。

Excel(エクセル)で成績管理を行うコツ

エクセルで成績管理を行う場合、関数を用いた方法が便利です。たとえばIF関数では、「AからBという結果の場合にCを出力」といった条件を付けられます。これと、特定の動作を自動で行うようにシステムに命令する「マクロ機能」を組み合わせれば、成績順でのデータ整理や、平均点の算出が効率化できます。

しかしエクセルや関数に慣れていない人にとって、半自動シートの作成は非常に難しい作業です。インターネット上には無料配布されている半自動成績管理シートもあるので、それを参考にしてみるのも一つの手。あるサイトで配布されているシートは、出席番号と指名、点数を入力するだけで、様々な条件でのデータ並び替えや整理を行ってくれます。

例えば、点数の高い順、低い順、出席番号順の3種類の基準に合わせて、数値の自動並び替えが可能。講師自身で、「●点~●点の生徒はA評価、B評価...」といったように設定すれば、評価別の生徒数が自動で表示される機能も。エクセルの関数の使い方次第では、想像している以上の業務効率化の余地が発見できるかもしれません。

塾システムで成績管理をもっとラクに

エクセルによる半自動成績シートは、一定程度業務を効率化できます。しかし、どうしても省略できない作業が、元となるデータの手入力。プログラミングで入力されたデータ操作は効率化できますが、テスト点数をエクセルに反映させる最初の作業には人の手が必要です。

また、この成績データを記録したエクセルシートは、共有したい場合に「ファイルのコピー → メールで送信」「USBに入れて、直接受け渡し」といった手間がかかります。特にUSBでの手渡しの場合、紛失リスクが懸念されます。また、生徒や保護者が成績を確認したい場合、紙媒体の成績表を確認する方法しかありません。

生徒数が多く、入力する成績データが膨大になっている場合、おすすめのツールが学習塾向けシステムです。成績管理機能は、試験データを塾システムへ入力すると自動で各生徒の個人データと紐づけて自動記録、保管されます。

塾システム導入の大きなメリットは、まず時間短縮という点です。エクセルの場合は、試験結果を1つ1つ確認しながら手入力しなければならず、統合的な管理を行えません。塾システムであれば、試験結果をアップロードするだけで学習レポートの自動作成まで可能な場合も。また、保護者や生徒自身が好きな時に、成績データを閲覧できるようになります。

無料の汎用ツールであるエクセルとは異なり有料であるため、ツール導入の際の初期費用や、月額費用を支払う必要はありますが、業務効率化につながるため人件費削減、他業務へのリソース強化などといった複数のメリットを得られるでしょう。

成績管理という点で、エクセルよりも特化した機能を持っている塾システム。生徒数や塾の規模によっては、エクセルよりも幅の大きい効率化が可能になるかもしれません。一度検討してみてはいかがでしょうか。

初期導入費用が無料で、無料トライアルがある すぐにでも使いたい塾システム3社を紹介