公開日: |更新日:

塾システムにおける授業スケジュール管理機能とは

授業スケジュール管理機能でできること

スケジュールを一元管理できる

各社が提供しているシステムにより異なるとこともありますが、基本的に必要事項にデータを入力すれば、自動的にスケジュールを作成してくれます。例えば、休校日や模試などの生徒のスケジュールを入れることで、授業日程や授業の振り替え日などを調整。また、担当する講師のスケジュールも入力できますので、双方にとって最適となるスケジュールを組むことができます。

代理の講師を検索

大学生講師などにありがちな遅刻や欠勤。発生してしまったら、代理の講師を探すのも大変です。
しかし、授業スケジュール管理機能では、講師の予定をあらかじめ週・月単位で作成し把握できるので、空いている講師をすぐに見つけることができます。また、スケジュール作成時に同じ時間帯で講師の予定が重複してしまった場合も、アラートで知らせてくれる機能がありますので、バッティング防止にもなります。

実績管理とTODO管理

授業のスケジュールを作成するだけではなく、実際にその授業が行われたのかどうかという実績を管理する機能もあります。さらに、保護者面談予定や模試の申し込み期日のチェックなどに便利なTODO管理機能が付いているシステムもあるようです。

導入するメリット

時間割業務の負担が減る

教室の規模が大きく生徒が多い場合、学校ごとの行事や定期テストなどのスケジュールがまちまちということもあり、時間割作成に時間が掛かってしまいます。また、夏休み・冬休みといった大型連休の場合、生徒だけではなく講師のスケジュール(特に大学生講師)など、総合的に考えなければなりません。
しかし、授業スケジュール管理機能を使用すれば、システムに必要事項を入力するだけで、時間割作成を自動で行ってくれます。その分時間が浮きますから、生徒たちへの指導や質疑応答(コミュニケーション)などの時間も確保しやすくなり、結果として保護者の満足度向上にもつながるでしょう。

時間割作成時のミスが減る

授業の時間割を間違えてしまいますと、生徒だけではなく保護者への不信感が高まってしまいます。
結果として教室の信用問題にも関わりますし、授業に携わる講師やスタッフの不要な業務が発生し、無駄なコストをかけてしまいかねません。ベテランの職員でも時間割作成はミスが出やすいので、このようなことを防ぐためにもシステム導入に関するメリットは大きいのではないでしょうか。

まとめ

慣れている職員でさえ、ミスが発生してしまう「授業スケジュール」の作成。
間違えてしまえば、生徒や保護者の信用を無くしてしまうだけではなく、講師やスタッフの無用な業務を増やすこととなり、非常に効率が悪くなってしまいます。さらに、イレギュラーな調整が必要となった際も職員に掛かる負担は非常に大きくなることが予想されます。これらの事を避けるためにも、「授業スケジュール管理機能」のある塾システムの導入を検討し、スムーズな塾運営を考えてみてはいかがでしょうか。

初期導入費用が無料で、無料トライアルがある すぐにでも使いたい塾システム3社を紹介