公開日: |更新日:

塾システムにおける指導者情報管理機能とは

指導者情報管理機能でできること

指導者の個人情報管理

指導者自身の個人情報の管理がシステムで行えるようになります。それぞれのシステムによってどのような情報管理ができるかが異なりますが、氏名やID、講師情報などのメモなどを登録し、さらにその情報の参照などが行えます。

入室から退室などの勤怠管理

システムの導入により、指導者側の勤怠管理も容易に。入室から退勤までを正確に把握できるようになります。タイムカードなどを使用している場合には押し忘れなどの状況も考えられますが、システム化することにより正しい記録が可能になるでしょう。当月の勤務時間の参照なども楽にできるようになります。

講師各自のスケジュール管理

講師それぞれのスケジュールの管理と共有することが可能に。講師の数が多ければ多いほど、各自のスケジュール管理は煩雑になりますが、システムで管理できるようになると一目で誰がどのような動きをしているかがわかるようになります。

導入するメリット

ペーパレス化を図れる

これまで帳簿で管理していた勤怠や指導者のスケジュールなどをシステムで管理することにより、ペーパレス化が図れます。管理する手間も省けること、帳簿をおいて置くスペースも不要になるという点がメリットです。さらに、これまでデータ管理に取られていた時間を他の業務に費やすことができます。

正確な勤怠管理が可能になる

用紙に記入する形で勤怠管理を行っていた場合には、システムで入室・退勤を管理することにより正確な勤務時間の把握につなげることができるでしょう。誰がどれくらい勤務しているかといった内容についても把握が容易になります。

まとめ

以上、代表的な塾システムの機能の中から「指導者情報管理」機能についてご紹介しました。どのような情報が管理できるかはシステムにより異なりますが、これまでアナログで管理していた情報をシステムで管理できるようになることで、塾の運営の効率化に繋げられるでしょう。指導者の管理について課題を抱えている場合には、ぜひ検討すべき機能といえます。

初期導入費用が無料で、無料トライアルがある すぐにでも使いたい塾システム3社を紹介