公開日: |更新日:

塾システムにおける入退出管理(入退室確認)機能とは

入退出管理(入退室確認)機能でできること

生徒が入退室したことを保護者にリアルタイムで伝える

生徒が塾に来たこと、および、生徒が塾を出たことを、登録された保護者にリアルタイムで自動通知することができます。導入する塾システムにもよりますが、入退出のタイミングで生徒の顔写真を撮影し、写真とともに保護者へ入退出通知をするタイプもあります。

講師・スタッフのタイムカードとして活用できる

入室した時間と退室した時間を正確に管理することができるため、生徒だけではなく、講師やスタッフの勤怠管理にも活用が可能です。出勤したときと退勤したときに入退室管理機能を使えば、タイムカードの代わりになるでしょう。打刻もれや不正打刻、集計ミス、データ改ざんなどのリスクを最小限に抑えることができます。

過去の入退室記録の集計・分析ができる

生徒の入退室記録は「更新」されるのではなく「蓄積」されるため、過去にさかのぼって記録を集計・分析することができます。これにより、たとえば遅刻の多い生徒や授業ギリギリに来る生徒に対して適切な指導を行うことができたり、授業前後の自習室の活用を促したり等、各種の生徒指導に役立てることができるでしょう。

導入するメリット

保護者が安心できる

「ちゃんと塾に行っているかな?」「塾に行く途中に事故にまきこまれたりしていないかな?」等々、保護者はお子様のことが何かと気がかりになるもの。塾の入退出管理機能があれば塾に来たことが自動通知されるため、保護者の不安は払拭されます。塾への信頼度もアップすることでしょう。

塾業務が効率化される

塾に行っているかどうかを心配する保護者の中には、実際に塾に電話をして子供の様子を確認する人も少なくありません。その都度、スタッフが生徒の状況を確認して保護者に伝えるという作業は、塾運営の大きな支障となることもあります。入退室管理機能を導入するだけでも、塾業務は大きく効率化されることでしょう。

まとめ

以上、代表的な塾システムの中から、入退出管理(入退室確認)機能についてご紹介しました。
入退出確認機能は、現代の塾にとって必須の機能と考えてください。成績を上げることや合格へ導くこと以前に、生徒の安全と保護者の安心は塾経営のベースです。経費はかかりますが、かならず導入すべき機能と考えましょう。

初期導入費用が無料で、無料トライアルがある すぐにでも使いたい塾システム3社を紹介