公開日:|更新日:

塾経営の課題解決

現在の世の中の状況から考えると、塾経営は難しくなりつつあると言わざるを得ません。
まず、少子化のためにそもそも子供が集まりにくいという現実があります。さらには、こうした少子化の影響でターゲットとなる生徒が減り、同じく塾経営を行っている他社との競争が激化しているためです。
実際に、塾経営に関して課題や悩みを抱えている運営者の方も多いことでしょう。ここでは、そのような塾の経営改善に繋がる知識を紹介いたします。

これからの塾に必要とされること

時々刻々と変化する社会情勢は、塾経営にも大きな影響を与えています。

少子高齢化による生徒数の減少や長引く不況、経済力低下、新型ウイルスによる自粛の影響を受け減少する売上。塾経営者にとって、迫りくる変化を読み取り柔軟に対応する能力は欠かせません。

塾のこれまで・課題・未来

塾の状況は昔と今で大きく異なり、厳しい状況へと変わりつつあります。生徒数に直結する出生数ですが、2019年の出生数は86万人。統計開始以降初めて90万人を下回りました(*1)。しかし塾の数は相対的に増えており、生徒獲得競争が激化しています。

さらに小規模な塾は資金面で大型の塾に対抗できない側面もあり、新型ウイルスによる自粛や経営環境の変化に耐えられず倒産してしまうケースも珍しくありません。

このように塾経営は、指導力だけで乗り切れない状況を迎えています。

これからの塾経営に必要なことは差別化、そしてシビアなコスト管理。倒産の直接的な原因は資金不足であるため、赤字を防ぐために生徒の獲得へ力を入れるのはもちろん、毎月の支出を把握し削減に向けた対策をとる必要があります。1つの地域で生徒数獲得を行うには限界があるため、複数の教室を展開していくのも視野に入れましょう。

コスト管理に関しては、業務の効率化を図ることで改善できる場合もあります。塾システムを導入した場合、成績管理や売上・請求管理を自動化できるため、人件費削減や他の業務へのリソースを強化が可能に。資金的に導入検討の余地があるのであれば、システムによる自動化・効率間力を借りて、差別化やコスト管理徹底のため対策を講じてみてはいかがでしょうか。

(*1)参照元:日本経済新聞(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53727740U9A221C1MM8000/)

おすすめの塾システムを一挙紹介

塾経営を効率化するポイント

塾の業務は、概ね次のような流れです。

    【塾の業務内容】

  1. ①出勤後は教室の清掃、掲示物の作成、本部への報告などの事務作業
  2. ②問い合わせに対する電話の案内、資料送付、保護者との面談
  3. ③生徒指導の準備、アルバイト講師とのミーティング
  4. ④授業を行ったあとは生徒を見送り、授業報告を行って退社

学習塾の仕事には、現場と運営の2種類があることがわかります。授業を行ったり、保護者と面談したり、ミーティングを行うのはもちろん現場の仕事です。一方で、塾には教室の清掃、掲示物の作成、問い合わせへの対応といった運営や、それをサポートする側の仕事も欠かせません。こうした運営の業務としては、ほかに生徒のカリキュラム作りや、月謝の経理といった仕事も含まれています。

どれも大切な仕事ですが、こうしたさまざまな業務に対し、どこに人手やコストがかかっているのか、ほかの業務を圧迫しているのかを見極めることで、塾経営の効率化を目指すことができます。

塾システムに備わっている機能

塾システムは、塾運営に関するさまざまな業務の効率化を目指すものです。

例えば次のような機能が備わっています。

  • 業務管理機能
  • カリキュラム作りや指導の管理、授業の推進状況、さらには提示物の作成などは、システムの導入によって簡素化することができます。

  • 保護者とのコミュニケーション
  • 塾に通う子供を保護者が安心して見守ることができるように、入退室管理機能を利用できます。また、保護者からの問い合わせに対しても、機能化したコミュニケーションを取ることができます。

  • 集金管理機能
  • 大勢の子供が通う塾の運営では、割引やキャンペーンなどもあり、集金管理が煩雑になりがちです。システムを導入することで、講座の申し込みから集金まで業務の負担が軽減されます。

「運営している塾の経営がうまくいかない」「教師陣の残業が常態化している」こういった状況が、システムに、業務を一部肩代わりしてもらうことで解決できそうなものであれば、ぜひ塾システムを検討してみてはいがかでしょうか。

塾経営が失敗するパターンと対策方法

塾経営は開業するのは簡単ですが、軌道に乗せて継続的に生徒を呼び込むのが大変な業界です。競合他社に勝とうと、月謝を下げたり過剰サービスを展開したりしがちですが、本質的な問題点や課題をクリアにしないと、失敗してしまいます。塾経営におけるありがちな失敗例や具体的なケースと共に、成功させるポイントや対策方法などをわかりやすくまとめました。

塾運営をIT化!塾の可能性を追求しよう

塾を経営する上で、現場のIT化は重要なポイントの1つ。雑多な業務に追われ「教える」ことに集中しきれないスタッフの負担軽減が期待できます。ITによるシステム構築、業務管理で生徒へのリソースを強化。維持管理費用や人件費削減にも繋げましょう。

塾経営のカギ「集客」を効果的に行おう

塾の経営には、効果的な集客が必要です。素晴らしい授業をしていても、生徒が集まらなければ経営していくのは難しくなってしまいます。ターゲットとなる保護者や生徒に集まってもらうために、情報収集手段が多様化している現代において効果的な集客方法と、考えておくべきポイントをご紹介します。

塾システムにかかる税金、支払い方法の違いについて

塾システム導入に際して負担した費用は、税金対策への活用が可能です。一括で購入した場合は減価償却として処理でき、リース契約で利用する場合は経費としての費用計上ができます。購入やリース契約、月額支払いそれぞれの方法比較や解約について確認してみましょう。

塾システムでおすすめの種類はASP・Saas型

塾のバックオフィス業務の負担を軽減するなら、ASP・Saas型の塾システムの導入を検討してみませんか。ASP・Saas型の塾システムとは、インターネットを通じて利用する既存システムのことです。既にあるシステムなら開発費がかからず、メンテナンスが必要ありません。

塾業務効率化にRPAを活用しよう

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、塾経営にも役立つ画期的なシステムです。RPAでの自動化が期待できる作業の例は、成績管理や経理の処理など。ここでは、RPAの得意・不得意とする業務を紹介。活用法を検討してみましょう。

オンライン授業導入のメリット・デメリット

塾を取り巻く環境は日々変化しており、指導方法のニーズも従来の集団指導から個別指導へと変わりつつあります。オンライン授業は、マンツーマンの指導も可能で、複数同時接続による集団指導も対応可能。活用方法を工夫すれば集客に繋げられる可能性も。オンライン授業導入による、塾経営のメリットデメリットを紹介します。

初期導入費用が無料で、無料トライアルがある すぐにでも使いたい塾システム3社を紹介